看護師の転職ナレッジ

必ず役立つ!看護師の転職を成功させる面接パーフェクトマニュアル

看護師 転職 面接

履歴書を送って、書類審査が通ったら次はいよいよ面接ですね。

「面接当日は何を聞かれるんだろう、緊張して上手く話せるかどうか分からない…」「看護師としてのスキルや専門性の高い質問を聞かれるたらどうしよう…」

と不安に思う方も多いと思いますが、意外にも面接では、志望動機や転職理由など、事前に準備しておけば落ち着いて答えることができる質問を聞かれることが多いようです。

その理由は、病院側が面接において重視するポイントが「働く上で十分なコミュニケーション能力があるかどうか」だからです。

看護師は国家資格です。資格を保有しているということは、たとえブランクがあったとしてもある程度スキルや知識がある前提で見ることが多いのです。

また、医療がサービス業と言われているように、医師や同僚の看護師とのコミュニケーションはもちろん、患者さんとのコミュニケーションを上手く取れるかどうかは、仕事を進める上で最も必要となる能力です。

つまり、よく聞かれる質問さえ事前にきちんと対策すれば、落ち着いて面接を受けられるということです。

今回の記事では、面接でよく聞かれる6つの質問とその模範解答をはじめ、面接当日の流れや事前に準備しておくこと、覚えておきたい良い病院かどうかを見抜ける質問について解説していきます。

ぜひ、これから面接を控えている方にはご一読いただきたいと思います。

転職をしたい!とお考えの方の中には、今よりももっと給料の高い、人間関係の良い労働環境を求めている方は多くいらっしゃることでしょう。

まずはそのような悩みをプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか。

サービス満足度、No.1の『看護のお仕事』をおすすめします。

看護のお仕事は、
・医療業界を熟知したキャリアコンサルタントの素早く、丁寧に対応
・業界最大級の『非公開求人』(=好条件求人)保有
・給与などの個人で行うと難しい条件交渉ができる
などの特長があります。

隙間時間を活用し、ぜひ情報収集からはじめてみてはいかがでしょうか。

看護のお仕事に無料登録

面接でよく聞かれる6つの定番の質問と解答例

 

人ものお金

面接では嘘をついて良いというわけではないが、必ずしも本当のことをありのまま話す必要はない。誤解を招かないことについては、あえて触れない、という賢さも必要。

面接で聞かれる内容は、定番が多い。事前に予習しておけば、落ち着いて挑めるため、しっかり読み込みましょう。

①当院を転職先とした理由は?

面接の際、必ず聞かれる質問が、志望理由です。

志望理由を答える際、回答の方法は、は大きく分けて2つあります。

1 ) 今まで培ってきた経験が生きる場所だから(過去)
2 ) 今後自分が思い描くキャリアを実現できそうな場所だから(未来)

過去の経験を話すパターン、もしくは今後の未来について話をするパターンです。

どちらのパターンで話をするのも良いと思います。また、両方のパターンを交えて話ができるとさらに印象が良くなるでしょう。どのようなスキルをいかせるのか、またどういう点に魅力を感じたのかを具体的に話ができると良いですね。

また、履歴書に書いてあるからと言って、そのまま棒読みのように受け答えをするのは辞めましょう。ただ書いてあることをそのまま読み上げているだけになるので、本音で話をしていないのでは?と思われてしまう可能性があります。

解答例

私は、これまでに急性期の病院で、内科病棟に4年間勤務していました。

貴院は、都内でも有数の急性期病院であり、救急にとても力を入れていらっしゃることから、私がこれまで培ってきた看護師としての経験をいかしながらも、より高い技術を身につけられることができるのではないかと考えました。

②転職の理由は?

ここで注意したいポイントが2つあります。

面接の場では、たとえマイナスな理由から転職をするという事実があっても、前向きな転職理由を話すことです。

もしあなたの転職理由が、人間関係や上司のパワハラがすぎる、給料が低いなどの理由だった場合、事実をありのまま話してしまうことで、あなたの印象自体が悪くなる恐れがあります。

嘘をつきなさいといっているわけではないのですが、自分がいくら辛い思いをしてきたという過去を語ったところで、第三者から見ると病院の悪口を言っているように聞こえてしまうからです。

そのため、今後のキャリアを考えた時に、今の病院よりも、志望している病院の方が良いと考えた、など、今回の転職があなたにとって、前向きなことであることをきちんと説明ができるように準備しましょう。

また、転職の回数が多い、キャリアのブランクが長い場合は、必ず理由を聞かれます。前向きな理由に結びつかれるよう、事前に用意しておく必要があるでしょう。

解答例

現在働いている病院は、一般病床〇〇床の病院で、急性期医療とはいえ、貴院のような超急性期の病院の後方病院のような役割です。

もともと急性期の看護を行いたいと思っていたので、急性期医療に必要な技術や知識を身につけてきましたが、より第一線で急性期病棟で経験を積みたいと思い、転職を考えました。

③看護師を目指した理由は?

転職の質問

この質問を通して、あなたがどんな人で、どのような性格・人柄なのかを見ていきます。看護師としての初心を尋ねる質問です。

自分をよく見せようとする必要はありません。あくまで一例ですが、ドラマの◯◯に憧れて看護師を目指しました、でも良いと思います。ただ、それだけで話を終わらせず、実際に看護師になってみて、感じたこと、考えたこと、やりがいを感じている部分などについて補足ができると良いと思います。

解答例

実は最初に看護師になりたいと思ったのは、中学生の頃でした。

当時観ていたドラマで、一生懸命患者さんの看護をしている様子を見て、看護の仕事はとても素敵だなと思ったことがきっかけでした。

実際に仕事を始めてみると、看護師には様々な使命があり、その患者さんがきちんと治療人向き合うために以下にサポートするのか、最後の時間をいかに過ごしていただくかなど、毎回考えさせられ、学びがあります。

看護という仕事にやりがいを感じるたびに、この仕事を選んで本当に良かったと思います。」

④看護師として大切にしていることはなんですか?

あなたの看護観を問う質問です。

看護感に答えはありません。まさに十人十色。十人いれ十人の答えがあると思います。

ですので、これまでの経験で感じ、考えたことを言葉にできるよう、整理しておきましょう。

その際、具体的なエピソード、患者さんの話も交えて説明できれば、より伝わると思います。

解答例

私は、患者さんに常に安心感を与えられるよう、どんなに忙しい時でもなるべく笑顔を絶やさないよう心がけています。

ある時、「看護師さんがみな忙しそうだから」と痛みを我慢している患者さんがいました。

以来、忙しい中で一人ひとりの患者さんに割ける時間はどうしても限られますが、短い時間の中でも話しやすい雰囲気を作るよう、心がけています。

⑤インシデントの経験はありますか?

インシデント

こうした質問で聞きたいのは、インシデントの経験があるかないかではなく、「インシデントを予防するために看護師としてきちんと意識ができているのか」「もし失敗があったとしてそのことを教訓とし、次にいかせているのかどうか」ということです。

そのため、インシデントを経験しているかどうかということ自体の答えを期待しているわけではないということです。

医療事故、ヒヤリハットを防止するために、どのような工夫を行い、どのようなことを意識して仕事をしているのか、具体的に話せるように意識しておきましょう。

解答例

あります。病棟での配薬で、ある患者さんの分だけ配薬車から撮り忘れてしまい、後から別の看護師に指摘されて気づいたということがありました。

薬を取り出すときに確認を怠ったことがミスにつながったと思います。

そのことは、原因を含めインシデントレポートとして提出し、共有しました。

⑥いつから働けますか?

いつから働けるのか?

これは言葉通りの質問です。すでに退職している場合は、入植希望日を伝え、まだ在籍中で退職日が決まってない場合、すぐにやめられない場合は、正直に事情を伝えましょう。

ただし、具体的な時期が決まってない場合でも、就業規則の内容、退職の手続き、引き継ぎを考えた上で、いつくらいになるのかを目安でいいので伝えるようにしましょう。

中途採用の場合、働きながらの転職活動を行なっている人は多いため、引き継ぎなどを考慮して内定から一ヶ月ほどかかるのは一般的。それ以上になる場合は、理由も合わせて伝えておいた方が良いと思います。

ただし、旅行に行きたい…、遊びたい、などの理由は微妙なところなので、できれば有給を消化してからなど、言い方は考えたほうが良いでしょう。

自治体病院や大学病院、あるいは新設の病院など、採用時期が決まっている場合は、そのタイミングで入職できなければ、難しいというところもあります。

入職日については事前に確認しておきましょう。

面接はどのような服装で行けば良いのか?

服装は?

フォーマルな服装を心がける

基本は、スーツもしくは、ジャケットを着用し、フォーマルな雰囲気が感じられる洋服を選びましょう。

色味は、ダーク系で落ち着いた・控えめな印象を持たせるものが良いと思います。

スーツが基本ではありますが、仕事終わりに面接へ行くのであれば、ジャケットスタイルが良いと思います。普段私服で通勤しているにも関わらず、面接のためだけにスーツを着て通勤すると、職場で変に目立つ可能性があります。

また、面接は個性を出す場ではないため、派手な色味や目立つ柄の刺繍、胸元が大きく開いた服は避けましょう。カバンやアクセサリーも同様です。

靴は、ヒールが低いものを選びましょう。ストッキングはナチュラルな肌色に近いものが良いと思います。

メイク、髪型は清潔感が感じられるように

普段仕事に行くようなメイク・髪型で良いと思います。

自分がもし面接官をするならどのような人と一緒に働きたいのかを考えて見ましょう。派手な髪型、メイクでは、少し印象が悪いですよね。

髪が長い場合は、ひとまとめにまとめる、前髪をピンで止める。また、ナチュラルなメイクで清潔感を心がけましょう。

また、香水やネイルは意外に目立つため、面接時は避けましょう。

当日の面接の流れ

当日の流れ

この章では、面接の流れについて、確認をしておきましょう。

前日までに確認しておきたいこと

仕事終わりに面接へ向かう場合は、面接開始時間になるべく余裕を持って設定しましょう。交通機関の遅れや、業務が多少長引くことなど、万が一を想定すると良いと思います。

また、当日までに必ず、面接場所までの交通手段や、所要時間を調べておきましょう。余裕を持って、10分前には到着できると良いですね。

病院へ到着、受付を済ませる

手鏡やトイレで身だしなみを確認しましょう。携帯電話の電源は必ずOFFにし、受付を済ませます。

面接官の名前は、間違えないように気をつけましょう。

いよいよ面接室へ

面接官が先にいる場合と後から入ってくる場合が想定されます。どちらのケースも考えられるため、合わせて確認をしておきましょう。

面接官が先にいる場合

ノックをして、面接官から入るように指示されたら、「失礼します」と入室します。

次に、一礼をしてから簡単な自己紹介をします。

「看護師の〇〇と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。よろしくお願い致します。」と挨拶しましょう。

面接官が後から入ってくる場合

部屋に通され、面接官がいない場合は、座って待機しましょう。

面接官が入って着たら、起立して挨拶をします。座る際には、相手から着席るような指示があってから座りましょう。また座る時には「失礼します」を忘れないようにしましょう。

面接中に気をつけること

面接中に気をつけることについてご紹介します。

初めての面接であれば、とても緊張することでしょう。緊張してどうしようもない時には、面接の序盤で「はじめての面接でとても緊張している」旨を素直に伝えましょう。

伝えることにより、印象が悪くなることはありません。むしろ、あなたを守ってくれる武器になります。

もしかしたら、相手も緊張を和らげるような助言をしてくれるかもしれません。ぜひ、勇気を持って素直に今の心境を伝えてみてください。

また、椅子に座る際は、猫背にならないこと、話すときは相手の目を見て話すこと、表情がこわばらないように、なるべく笑顔を心がけられると良いですね。

メモを取る場合は、事前に確認を取りましょう。

また、質問の仕方や内容に気をつけましょう。

質問することが悪いことではなく、その内容に気をつけてほしいということです。

たとえば「以前の職場では人間関係の問題で辞める人が多かったが、この病院の離職率は…?」「有給休暇は規定の通りに取れますか?」などです。

本人が悪気がなく聞いていることでも、面接官の受け取り方によっては、少しマイナスなイメージを持たれがちです。

面接が終わったら、起立して一礼をする

面接が終わったら、扉をあけて、面接官の方をむき「失礼します」と一礼をしましょう。

また、病院の関係者とすれ違う場合は、軽く会釈すると良いでしょう。志望度が高ければぜひ実践して見ましょう。

どこで誰があなたの評価をしてくれるか分かりませんし、「さっきの子、とても印象よかったですね」など、あなたの行動がプラスに働くかもしれません。

面接時に覚えておきたい、良い病院と悪い病院を見抜ける方法

NGなこと

入職前に良い病院と悪い病院を見抜くことができれば安心して転職ができますよね。

この章では、転職で失敗するリスクを少なくするために知っておきたい、誰でも簡単に面接で聞くことが質問について紹介します。

それは、給料の交渉ができるかどうかです。

給料は、働き手である看護師にとっても雇い主である病院側にとっても重要な問題です。

通常、国立病院や大学病院、市立病院、総合病院、企業系列の病院で給料の交渉に応じてもらえることはまずありません。

それは、年齢や役職、キャリアやスキルに応じて、基本給やその他の手当がいくらと決まっていることが多いです。

そのため、一人を特別扱いしてしまえば、他大多数の人もそのような交渉をしていたと考えられ、給料にばらつきがある可能性があります。

給料にばらつきがあることは良いのですが、もしも、それが病院のルールに基づいていない意思決定だった場合、給料以外の病院のルールが統一されていない可能性があり、入職して見たはいいものの、不満不平のオンパレードということも考えられます。

また、質問のタイミングは、内定をもらったあとに聞いてみましょう。

内定をもらった後に質問をしないと、「志望理由がスキルアップや理念に共感したと話をしていたはずなのに、本当はお金目当てなのか?」など、場合によっては印象が悪くなる可能性があります。

しかし、内定が出たあとであれば、多少印象が悪くなっても内定を取り消されることはありません。

少し聞きにくいことかもしれませんが、入職後にやっぱり確認しておけばよかったと後悔するよりは良いはずです。

短時間で面接が終わった・即内定をもらえる病院は、疑いの目を持つ

疑いの目を持つ

そこまで深い質問をされず、10分程度で簡単に面接がおわった、またその後すぐに内定の連絡がきた場合も、少し疑いをもった方が良いかもしれません。

転職は、求職者にとっては自分の人生を左右をすると言っても過言ではないターニングポイントとなります。

また、病院側にとっても人一人を雇うことは、給与やその人教育ことストや諸々の手続きなど、多くの人を巻き込み、さまざまなコストが生じます。

そのため、採用面接は病院側にとっても、今後の病院経営にとって必要な人材かどうか、中心的な存在となり活躍してくれそうかどうかなどを慎重に見極めなければなりません。

その重要な機会をたった10分で決めるまた、すぐに内定を出すことは、人を大切にしていない証拠でもあり、常に求職者を探している病院の可能性があります。

最初の面接で内定をもらい、簡単に次の職場を決めない

最初の病院で内定が出ても、簡単に意思決定をしないように気をつけましょう。

確かに内定が出て嬉しい気持ちは分かります、しかし、色々な病院を自分の目で見て回ることも非常に重要です。

受かったとしても、他の病院への面接にも行き、本当に自分に合う職場がどこなのか、面接官や病院の雰囲気を確認し、慎重に決めましょう。

看護師が活用すべきおすすめ転職サイト3選

少し不安が残る…まだ決めきれていない、そんなあなたに活用してほしい「わたしの看護ノート」編集部が選定した、おすすめの転職サイトについてご紹介します。

各サービスは以下の3つの観点から選びました。

・サービスが持つ強みは何か?
・豊富な求人数・質は担保されているのか?
・転職活動中・後のサポートがしっかりしているのか?

そのランキング結果が以下です。

看護ノート編集部が選ぶ!看護師転職サイトBEST3

第1位:看護のお仕事
第2位:マイナビ看護師
第3位:看護roo!

ランキング1位:看護のお仕事
総合評価
選定のポイント
  • 全国12万件以上の事業者情報を網羅。全国の主要な医療機関のほぼすべてをカバーしているため、希望に合わせた提案が可能。
  • 職場の内部事情に詳しい。人間関係、離職率、雰囲気、評判など、外からではわかりづらい、でも職場選びには欠かせない情報が充実している。
  • アドバイザーが病院の代わりに給料や待遇面での条件を交渉してくれる。
解説 「看護のお仕事」の最大の特徴は、入職する前からその働く場所の情報が多く手に入る、という点です。
そのため、看護師長はどんな人なのか、子育てに理解がある病院なのか、といった重要な情報を事前に手に入れることができます。
働く場所を探す上でとても役立つサイトでしょう。
登録費用 無料

看護のお仕事

「看護のお仕事」の利用者の声を集めてみました。

  • 担当者の方が礼儀正しく、真剣にサポートしてくれました。対応が一生懸命で、適切なアドバイスをしてくれるので、安心して連絡できます。(大阪府・Hさん)
  • 地方の求人でも、あちこち探してくださり心強かったです。担当者の方は遅くまで電話で直接対応して下さり、また転職する時は利用させて頂きたいです。(北海道・Sさん)
  • 丁寧で親切ですね。面接のマナーなど今さら聞きづらいような質問でも相談しやすい雰囲気で対応してくださいました。(埼玉県・Tさん)
  • 転職後に県の職員試験を受けると伝えると、相談や書類の添削まで手伝ってくれて応援してくれた。転職したら終わりではなく、その後も連絡が取れるので安心できる。(岐阜県・Yさん)
  • 無理に転職を進めるのではなく、私の看護観や今後のライフスタイルなどをしっかり踏まえた上でアドバイスしていただきました。自分の人生を見つめ直す時間を持てたことがよかったと思います。(福岡県・Mさん)
ランキング2位:マイナビ看護師
総合評価
選定のポイント
  • 最大の強みは情報収集力の高さ。最大手だからこそ得られる情報をシェアすることができる。
  • キャリアアドバイザーが自ら担当エリアの病院に足を運び、自分の目で見学をしている。看護部長や現場スタッフに直接ヒアリングをしているため、情報の信頼性が期待できる。
  • 「マイナビ看護」では看護職員の「定着率」を重視している。定着率が低い医療期間は紹介しないことになっている。
  • 「◯◯が学べる環境の病院」「残業が少ない病院」といった複数の切り口から求人の紹介が可能。非公開案件も多数。
解説 日本最大級の看護師転職サイトです。
約40年以上転職活動をサポートしてきたマイナビブランドだからこそ得られる情報や体験があります。
当サイトからのご登録が最も多いのがこの「マイナビ看護」です。
登録費用 無料

公式ページ

「マイナビ看護師」の利用者の声を集めてみました。

  • 1番初めに電話を頂いた時から、熱心に話を聞いてくれて感じが良かったです。また、活動開始時期が半年後くらいで期間があったのですが、その頃に忘れずに電話をくれて、とても信頼できました。こちらの質問にも的確に返答頂き、面接調整などを積極的にしてくれて助かりました。アドバイザーさんとは電話でしかお話したことはありませんが、とても話しやすくて良かったです。(40代・女性・東京都)
  • 転職サポートは本当に完璧なもので、親身に寄り添ってサポートしていただき、とても感謝しています。とても話しやすく、相談しやすく、ついつい長話になってしまっても最後まで丁寧に対応してくださり、本当に感謝しています。求人先への対応もとてもよく、情報共有もスピーディーで、とても頼りになり、不安を感じることなく、転職活動をすすめることができました。(20代・女性・愛知県)
  • アドバイザーさんがとてもとても親切で支えになってくださいました。希望に合った求人を探してくださったり、面接の前日や終了後も連絡をくださったり、自分の希望がぶれてしまった時も一緒になって考え整理してくださったり、入職先が決まってからも連絡をくださったり…とにかく本当にお世話になりました。アドバイザーさんがいてくださったからこそ今回の転職が上手くいきました。本当に感謝しています。(30代・女性・東京都)
ランキング3位:看護roo!(カンゴルー)
総合評価
選定のポイント
  • 利用者満足度は、96.2%
  • 業界最大級の病院・科目件数を提案可能。
  • 退職交渉・給与アップ交渉などのサポートが充実。
  • 非公開求人も多く、興味のない求人は簡単に断ることができる。さらに、断っても何度も新しい求人案件を紹介してもらえる。
  • 東証一部上場会社が運営しており、実績豊富な転職のプロが相談にのってくれる。
解説 看護rooは東証一部上場企業のクリックが運営するサービスです。
ここは何と言っても、科目や病院などの条件を柔軟に選ぶことができます。
また、担当コンサルタントから次々に求人の紹介が来るため、気軽に案件の品定めを働きながら行うことができます。
登録費用 無料

看護roo!

「看護roo!」の利用者の声を集めてみました。

  • 登録後は丁寧なカウンセリングで、比較的安心して利用することができました。おすすめできる点としては、面接の際に担当アドバイザーさんが同席してくれたことです。緊張する面接時にアドバイザーさんが隣に居てくれたのは心強かったです。また、面接で聞きにくい質問項目(給与、休暇など)も代わりに聞いてくれ、その点はエージェントとしてのサービスが助かりました。面接後のフォローもきちんとしていたので、条件に合った職場を見つけることはできました。(30代・神奈川県)
  • 数ある人材紹介サイトの中で、私が使ったのはこのサイトです。私と病院側の間に立って面接の日程を調整してくれたり、希望する働き方や診療科の情報なども別途で提供してくれました。一般的な求人サイトの求人票に記載されていない情報も調べてから教えてくれたり、面接対策も簡単ではありますが、教えてくれました。そういった情報があったからこそ採用が決まったかもしれませんし、ステップアップで辞めたい人はこういうサイトを使ってプラスアルファの情報を得るのもいざという時に役立つと思います。(20代・茨城県)
  • 看護rooのサイトは見やすくて、色々な動画もあって便利だと思いました。内容も求人だけでなく、いまさら聞けない基本の皮下注射といった看護知識に関するものや、ストレッチャーの移乗、エンゼルケア・エンゼルメイクまでも網羅されており、ブランクがある看護師にとっては有り難い内容が掲載されていました。また、求人とは直接関係はないものの、現役ナースさんのつぶやきというものがあり、そこの内容はすごく良いと感じます。若い看護師の考えや、ちょっとした悩みの日常までもが垣間見れ、看護師向けの情報提供に力を入れているんだなと思いました。(40代・福岡県)

まとめ|転職活動中は常に情報収集を継続し、自分に合う病院探しは妥協しない

まとめ

今回の記事では、看護師の転職活動においてもっとも重要な過程の一つである面接について紹介してきました。

継続的な情報収集をすること、また本当に自分にあった病院はどのような場所なのかを最後の最後まで妥協せずに考えましょう。そして、インターネットや口コミに捉われすぎず、自分の目で確かめることが重要です。

しかし、看護師は常に忙しく、働きながらの転職は体力的にも時間的にもかなりの負担になります。

そんな時に、転職サイトなどを上手く活用し、常に情報収集を続けましょう。空いた時間にスマホで簡単に情報が手に入ります。また、あなたの希望にあった転職先を転職アドバイザーに探してもらうのも一つの手です。

限られた時間の中で動ける体は一つしかありありませんが、使えるものを逆手にとって上手く転職活動を進めるのも転職成功の一つの秘訣ではないでしょうか。

ABOUT ME
わたしの看護ノート
わたしの看護ノート
現役の看護師が本当に参考になる転職情報を提供しています。ぜひ、転職活動の情報収拾にお役立てください。