看護師の転職ナレッジ

産業看護師として転職をする時に必ず知っておくべき5つのこと

産業看護師

「看護師の仕事を辞めたい!」「転職したい!」と思ったことはありませんか?

夜勤や残業があり、休みも不規則な仕事ですから、年齢を重ねても同じような働き方ができるか不安になることもありますよね。

ですが、どの病院に移ったとしても夜勤や残業は付きものですし、どこに移っても変わらないと諦めてしまうという方も多いかもしれません。

もし、夜勤が無く休みが保証され、残業もほとんどない、体力的にも精神的にも負担が少ない職場があるとしたらいかがでしょうか。

これらの条件は病院では難しいですが、企業で働く“産業看護師”であれば可能になります。

しかし、産業看護師に誰でも簡単になれるわけではありません。

産業看護師として転職するためには、以下の5つのポイントがあります。

  1. 病院看護師との役割の違いを理解する
  2. 企業への転職のメリットとデメリットを理解する
  3. 求人情報を多く集める
  4. 働きたい業種や企業を絞る
  5. 必要なスキルを身につける

ここでは看護師資格を活かして企業で働くことがどういうことなのか、病院と比べてどのようなメリットやデメリットはあるのかなども含めてご紹介しますので、ぜひ転職先のひとつとして検討してみてください。

転職をしたい!とお考えの方の中には、今よりももっと給料の高い、人間関係の良い労働環境を求めている方は多くいらっしゃることでしょう。

まずはそのような悩みをプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか。

サービス満足度、No.1の『看護のお仕事』をおすすめします。

看護のお仕事は、
・医療業界を熟知したキャリアコンサルタントの素早く、丁寧に対応
・業界最大級の『非公開求人』(=好条件求人)保有
・給与などの個人で行うと難しい条件交渉ができる
などの特長があります。

隙間時間を活用し、ぜひ情報収集からはじめてみてはいかがでしょうか。

看護のお仕事に無料登録

もくじ

病院看護師と産業看護師の役割の違い

病院看護師と産業看護師との違い

まずは病院での看護師と企業での看護師の役割や仕事の違いを見ていきましょう。

①病院の看護師

病院の看護師は、診療の補助の役割が強いため、患者さんが安心安全に治療に専念できるようにサポートすると共に、病状が回復に向かうようにケアをするのが仕事になります。

具体的には、バイタルチェック、清拭、排泄介助、食事介助、リハビリ介助、投薬などです。

これら以外にも、他の部署との連絡や医師と患者さんやご家族との間に立つこともあります。

さらに研修や研究発表、新人教育など看護業務以外のこともしなければならず、仕事時間以外にもしなければいけないことがたくさんあります。

②企業の看護師

それに対して企業で働く看護師の役割は、労働者の健康を維持するためのサポート、産業医と企業との調整や連絡が主な仕事になります。

具体的には、健康診断の準備、労働者の健康状態の把握、健康相談、産業医との連絡などがあり、病院に比べて関わる対象が患者さんではないところが一番の違いで特徴になります。

もちろん企業で看護師をしても患者さんと関わることはありますが、病院と比べるとその数はとても少数になります。

企業で働く看護師の待遇

厚生労働省医政局看護課の調べによると、看護師の就業場所は病院と診療所を合わせると約85%と、圧倒的な数字になっています。

一方、企業で働く看護師の割合は、全体の0.4%となっており、この割合は何年もあまり変動は見られていません。

この数字からもわかる通り、看護師が企業で働くのはそれほどメジャーではないということですね。

ですが、働いている人数は少なくとも、就業割合が大きく変動していないということは、一定の需要はあると言えます。

転職先としては狭き門と言える産業看護師ですが、はやり気になるのは給料や待遇が病院で働くのと、どのように違うのかというところですよね

以下に看護師と産業看護の違いをまとめてみました。

病院 企業
雇用形態 常勤・非常勤可 常勤・非常勤可
労働時間 夜勤や残業あり 基本的に日勤のみ

残業なし

年齢制限 特になし 経験年数の条件がある場合あり
年収 約430万円 約320万円
キャリアアップの有無 キャリアアップ制度あり なし
資格 看護師  看護師・ケアマネージャー

普通自動車免許

まず注目は年収で、100万円以上の差があります。(厚生労働省による調査と求人情報を元に算出)

これは労働時間の違いが大きく、病院では夜勤や残業があるのが当たり前ですが、企業では基本的に日勤のみです。

職種により夜勤がある場合もありますが、残業はほとんどないと言って良いでしょう。

そのため、お給料にこれだけの差が出るのです。

次に注目なのが、キャリアと資格の部分です。

病院では内容に違いはありますが、研修や教育体制があるところが多く、キャリアアップしやすい環境と言えます。

企業では看護師としてのキャリアアップのサポートはありませんので、昇進なども望めません。

企業で働くには、看護師資格だけではなく、ケアマネジャーを持っている方が有利な職場もあります。

業種によっては自動車免許を持っていることが採用条件に含まれている場合もあります。

看護師は内勤のイメージだと思いますが、企業で働く看護師はデスクワークだけではなく、取引先に出向くことも必要で、車の運転をしなければならないこともあります。

産業看護師の種類

看護師が活躍できる企業にはいくつかの種類があり、それにより仕事内容に違いがあります。

どのような業種や仕事が良いのか、必要な資格やスキルはあるのかなどを知った上で検討するのが良いでしょう。

①治験コーディネーター

治験コーディネーター

仕事内容

治験コーディネーターはその名の通り、治験に関するサポートをする仕事です。

製薬会社で開発された新薬が、実際に使われるようになるためには臨床研究が必要になります。

治験には医師、看護師、薬剤師、患者さん、製薬会社が関わります。

治験コーディネーターは医療機関や患者さんとの間に入り、治験がスムーズに行われるようにサポートをします。

治験に必要な書類を作成し、治験内容を患者さんに説明します。

そのため、看護師で培ったコミュニケーション技術も役に立ちますし、医療や看護の知識があるので、患者さんに対して安心感を与えることができます。

治験コーディネーターになるには?

SMOと呼ばれる治験を支援する機関に所属し、各医療機関に派遣されるか、病院に治験コーディネーターとして働くかの2通りがあります。

必要なスキルや資格

資格は特に必要ありませんが、治験に関わる人の間に入る仕事のため、コミュニケーションスキルはあった方が良いですね。

②フィールドナース

フィールドナース

仕事内容

クリニカルコーディネーターと呼ばれることもあるフィールドナースですが、医療機器メーカーで働き、自社の医療機器の営業販売、操作方法の説明やサポートが仕事内容になります。

ナースとついていますが、医療行為や看護行為は一切必要ありません。

医療機器との関わりで、疾患や看護の知識があると伝えやすいですし、トラブルが起こった場合などは臨床経験があるので状況把握がしやすくなります。

フィールドナースになるには?

医療機器メーカーに就職することでその職に就くことができます。

必要なスキルや資格

特別な資格は必要ありませんが、医療機器は外国で作られるものも多いため、マニュアルなどが英語で書かれていることがあります。

そのため、英語力が必要となる場合が多いです。

③電話健康相談

電話相談

仕事内容

企業が顧客を対象にしたコールセンターでの仕事がこれに当たり、相談内容は多岐に渡ります。

  • 薬の飲み方や副作用について
  • 子供のケガの応急処置
  • 今体調が悪いが病院に行くべきかどうか
  • 気になる症状の相談
  • 主治医とのコミュニケーションの悩み
  • 医療機関とのトラブルの悩み

このような疑問や悩みの電話にアドバイスや対処方法を伝えます。

24時間体制で電話対応する企業もあり、その際はシフト制で夜勤もすることになります。

夜勤と言っても病院のように動くことはほとんどなく、座って電話対応だけですし、ひっきりなしに電話がかかってくることはありませんので、体力的にはそれほど大変ではありません。

電話健康相談として働くためには?

コールセンターを持っている企業に就職するか、派遣会社に登録をし、そこから企業へ派遣される方法があります。

コールセンターを持っている業種は、保険会社、製薬会社、警備会社などです。

必要なスキルや資格

どのような相談が来るかわかりませんので、看護師としてある程度いろいろな経験をしている必要があります。

そのため、経験年数3年以上、5年以上というように、臨床経験が十分にある看護師を求めているケースがあります。

電話をしてくる人は、焦っていたり不安を抱えていますので、落ち着かせて適切なアドバイスをする必要がありますので、コミュニケーションスキルと傾聴のスキルがあると良いですね。

④企業医務室

企業医務室

仕事内容

企業の医務室で社員の健康管理をするのが仕事です。

ここでの健康管理は体だけではなく、心の健康にも目を向け、心身共に健康に仕事ができるようにサポートをします。

健康診断の実施に関わる業務、診断結果の把握と病気や症状に関する指導なども仕事内容になります。

他には、就業中のケガや急病の対応や、緊急時の対応マニュアルの作成なども必要に応じて行います。

50名以上の企業では、ストレスチェックの実施者としての役割を担うこともあります。

企業医務室で働くためには?

医務室を持っている企業に就職する必要があります。

業種は特に決まっておらず、一般企業もありますし、工場で求人がある場合もあります。

一般企業と言えるかはわかりませんが、空港やレジャー施設などでも医務室がありますので、募集があれば働くことが可能です。

必要なスキルや資格

企業の医務室では、ひとりで判断しなければいけませんし、簡単なケガの処置はできなくてはいけません。

看護師資格だけでも十分ですが、産業カウンセラーの資格を持っていると心のケアに役立ちますし、ストレスチェック実施者研修を受けるのも良いですね。

日本産業衛生学会の産業看護部会では、企業で働く看護師に必要な知識やスキルを学べる研修を行っていますので、受けておくのも良いでしょう。

看護師が企業で働くメリットとデメリット

産業看護師のメリットデメリット

お給料は少ないですが、夜勤も残業もなく働ける企業での仕事は魅力的ですよね。

ここでは企業で働く看護師のメリットとデメリットをまとめています。

両方を知って、病院と企業どちらで働くのが自分にとってベストなのかを考えましょう。

①メリット

精神的なプレッシャーが少ない

企業の看護師が対象にする人は、基本的には健康な人です。

病気があるとしても、働ける人ですから重篤な状態ではありません。

病院のように、いつ急変するかわからない患者さんをひとりで何人も見ているのとは違いますから、精神的なプレッシャーは比べ物になりません。

身体的な負担が少ない

治験コーディネーターやフィールドナースの場合は、外に出ることも多いですが、1日中出ているわけではありません。

仕事のほとんどはデスクワークになりますので、1日中立ちっぱなしの病院勤務に比べると体の負担も少ないと言えます。

ワークバランスが取りやすい

コールセンターのように夜勤がある場合は、シフト制で休みはバラバラですが、日勤だけの企業ではカレンダー通りに休めますので、予定も立てやすいですし、家庭を持っていても働きやすいですね。

残業もほとんどありませんので、プライベートを充実させたい人には良い環境です。

人間関係の煩わしさが少ない

企業で働く看護師の人間関係は、病院看護師の人間関係とは違いがあります。

病院での同僚は圧倒的に女性が多く、特に先輩には気を使わなければなりませんが、企業での人間関係は男性もいるため、病院ほどの煩わしさがありません。

特に医務室や電話相談などは、ひとりで仕事することも多いですから人間関係のストレスは少なくなります。

②デメリット

求人が少ない

企業の求人数は少ないですから、転職先を探すのは病院やクリニックと比べると大変になります。

転職を考える時は、長期戦になることを見込んで準備をすることが大切です。

スキルアップやキャリアアップができない

医療行為がほとんどないため、看護スキルの低下は否めません。

看護師のための研修もありませんし、必要な勉強は自分でしなければいけません。

看護師としての同僚もいないため、情報交換などもしにくく、最新の知識や情報は得られなくなります。

数年経って病院で働こうと思った時は、大変な思いをすることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

収入が下がる

大手企業の場合は、福利厚生がしっかりしているので、手当等の心配はありませんが、夜勤がない分お給料は下がります。

病院のようにキャリアに応じた手当や、経験年数による昇給なども期待できません。

ビジネスマナーや医療以外のスキルが求められる

企業で働く看護師は、一般企業の社員になりますから、ビジネスマナーは身につけなければなりません。

PCの知識も必要になりますし、職種によっては車の免許や英語力なども必要です。

特にビジネスマナーに関しては、看護師は学ぶ機会が少ないため、最初は戸惑うかもしれません。

名刺交換の仕方、電話対応やビジネスメールのマナーなど、学ぶことがたくさんあります。

転職に活用したい5つの優良サイト

ここからは「わたしの看護ノート」編集部が選定した、おすすめ看護師転職サイトを5つご紹介します。

各サービスは以下の3つの観点から選びました。

・サービスが持つ強みは何か?
・豊富な求人数・質は担保されているのか?
・転職活動中・後のサポートがしっかりしているのか?

そのランキング結果が以下です。

看護ノート編集部が選ぶ!看護師転職サイトBEST5

第1位:看護のお仕事
第2位:マイナビ看護師
第3位:看護roo!
第4位:医療ワーカー
第4位:ナースフル

ランキング1位:看護のお仕事
総合評価
選定のポイント
  • 全国12万件以上の事業者情報を網羅。全国の主要な医療機関のほぼすべてをカバーしているため、希望に合わせた提案が可能。
  • 職場の内部事情に詳しい。人間関係、離職率、雰囲気、評判など、外からではわかりづらい、でも職場選びには欠かせない情報が充実している。
  • アドバイザーが病院の代わりに給料や待遇面での条件を交渉してくれる。
解説 「看護のお仕事」の最大の特徴は、入職する前からその働く場所の情報が多く手に入る、という点です。
そのため、看護師長はどんな人なのか、子育てに理解がある病院なのか、といった重要な情報を事前に手に入れることができます。
働く場所を探す上でとても役立つサイトでしょう。
登録費用 無料

看護のお仕事

「看護のお仕事」の利用者の声を集めてみました。

  • 担当者の方が礼儀正しく、真剣にサポートしてくれました。対応が一生懸命で、適切なアドバイスをしてくれるので、安心して連絡できます。(大阪府・Hさん)
  • 地方の求人でも、あちこち探してくださり心強かったです。担当者の方は遅くまで電話で直接対応して下さり、また転職する時は利用させて頂きたいです。(北海道・Sさん)
  • 丁寧で親切ですね。面接のマナーなど今さら聞きづらいような質問でも相談しやすい雰囲気で対応してくださいました。(埼玉県・Tさん)
  • 転職後に県の職員試験を受けると伝えると、相談や書類の添削まで手伝ってくれて応援してくれた。転職したら終わりではなく、その後も連絡が取れるので安心できる。(岐阜県・Yさん)
  • 無理に転職を進めるのではなく、私の看護観や今後のライフスタイルなどをしっかり踏まえた上でアドバイスしていただきました。自分の人生を見つめ直す時間を持てたことがよかったと思います。(福岡県・Mさん)
ランキング2位:マイナビ看護師
総合評価
選定のポイント
  • 最大の強みは情報収集力の高さ。最大手だからこそ得られる情報をシェアすることができる。
  • キャリアアドバイザーが自ら担当エリアの病院に足を運び、自分の目で見学をしている。看護部長や現場スタッフに直接ヒアリングをしているため、情報の信頼性が期待できる。
  • 「マイナビ看護」では看護職員の「定着率」を重視している。定着率が低い医療期間は紹介しないことになっている。
  • 「◯◯が学べる環境の病院」「残業が少ない病院」といった複数の切り口から求人の紹介が可能。非公開案件も多数。
解説 日本最大級の看護師転職サイトです。
約40年以上転職活動をサポートしてきたマイナビブランドだからこそ得られる情報や体験があります。
当サイトからのご登録が最も多いのがこの「マイナビ看護」です。
登録費用 無料

公式ページ

「マイナビ看護師」の利用者の声を集めてみました。

  • 1番初めに電話を頂いた時から、熱心に話を聞いてくれて感じが良かったです。また、活動開始時期が半年後くらいで期間があったのですが、その頃に忘れずに電話をくれて、とても信頼できました。こちらの質問にも的確に返答頂き、面接調整などを積極的にしてくれて助かりました。アドバイザーさんとは電話でしかお話したことはありませんが、とても話しやすくて良かったです。(40代・女性・東京都)
  • 転職サポートは本当に完璧なもので、親身に寄り添ってサポートしていただき、とても感謝しています。とても話しやすく、相談しやすく、ついつい長話になってしまっても最後まで丁寧に対応してくださり、本当に感謝しています。求人先への対応もとてもよく、情報共有もスピーディーで、とても頼りになり、不安を感じることなく、転職活動をすすめることができました。(20代・女性・愛知県)
  • アドバイザーさんがとてもとても親切で支えになってくださいました。希望に合った求人を探してくださったり、面接の前日や終了後も連絡をくださったり、自分の希望がぶれてしまった時も一緒になって考え整理してくださったり、入職先が決まってからも連絡をくださったり…とにかく本当にお世話になりました。アドバイザーさんがいてくださったからこそ今回の転職が上手くいきました。本当に感謝しています。(30代・女性・東京都)
ランキング3位:看護roo!(カンゴルー)
総合評価
選定のポイント
  • 利用者満足度は、96.2%
  • 業界最大級の病院・科目件数を提案可能。
  • 退職交渉・給与アップ交渉などのサポートが充実。
  • 非公開求人も多く、興味のない求人は簡単に断ることができる。さらに、断っても何度も新しい求人案件を紹介してもらえる。
  • 東証一部上場会社が運営しており、実績豊富な転職のプロが相談にのってくれる。
解説 看護rooは東証一部上場企業のクリックが運営するサービスです。
ここは何と言っても、科目や病院などの条件を柔軟に選ぶことができます。
また、担当コンサルタントから次々に求人の紹介が来るため、気軽に案件の品定めを働きながら行うことができます。
登録費用 無料

看護roo!

「看護roo!」の利用者の声を集めてみました。

  • 登録後は丁寧なカウンセリングで、比較的安心して利用することができました。おすすめできる点としては、面接の際に担当アドバイザーさんが同席してくれたことです。緊張する面接時にアドバイザーさんが隣に居てくれたのは心強かったです。また、面接で聞きにくい質問項目(給与、休暇など)も代わりに聞いてくれ、その点はエージェントとしてのサービスが助かりました。面接後のフォローもきちんとしていたので、条件に合った職場を見つけることはできました。(30代・神奈川県)
  • 数ある人材紹介サイトの中で、私が使ったのはこのサイトです。私と病院側の間に立って面接の日程を調整してくれたり、希望する働き方や診療科の情報なども別途で提供してくれました。一般的な求人サイトの求人票に記載されていない情報も調べてから教えてくれたり、面接対策も簡単ではありますが、教えてくれました。そういった情報があったからこそ採用が決まったかもしれませんし、ステップアップで辞めたい人はこういうサイトを使ってプラスアルファの情報を得るのもいざという時に役立つと思います。(20代・茨城県)
  • 看護rooのサイトは見やすくて、色々な動画もあって便利だと思いました。内容も求人だけでなく、いまさら聞けない基本の皮下注射といった看護知識に関するものや、ストレッチャーの移乗、エンゼルケア・エンゼルメイクまでも網羅されており、ブランクがある看護師にとっては有り難い内容が掲載されていました。また、求人とは直接関係はないものの、現役ナースさんのつぶやきというものがあり、そこの内容はすごく良いと感じます。若い看護師の考えや、ちょっとした悩みの日常までもが垣間見れ、看護師向けの情報提供に力を入れているんだなと思いました。(40代・福岡県)
ランキング4位:医療ワーカー
総合評価
選定のポイント
  • 10,000件以上の転職成功実績を基に、経験豊富なアドバイザーが理想の転職をサポートしてくれる。
  • 地域最大規模の転職支援で得た年収データを基に、適正な年収額を診断できる「年収査定サービス」がある。
  • 看護師の勝てる履歴書サンプルが充実。
  • 利用満足度は97%。
解説 「ワーカーワーカー医療ワーカ〜♪」のCMでもおなじみの看護師転職サイト「医療ワーカー」。
マイナビ看護師やナースフルなどの大手老舗サイトと比較すると新しいサイトですが、コンサルタントの親切かつ丁寧なサポートが評判となっているサービスです。
医療ワーカーでは、「オーダーメイド型」の転職サポートが取り入れられており、あなたにとって最適な転職条件を取り入れて手助けしてくれます。
登録費用 無料

公式ページ

「医療ワーカー」の利用者の声を集めてみました。

  • 常勤で働いていた職場が閉院になってしまい、子供のために早く仕事を見つけなければいけなかったんです。自分でも突然のことでどんなところで働いていいのか、どんな所だと長く働けて収入も安定するのか分からなかった時に初めて医療ワーカーさんに登録してみました。担当の方から初めてお電話が来て私の希望と気持ちを全部お伝えした所、一つ一つ丁寧に応えてくれて、自分が見えてなかった部分も明確になって、自分が納得できる職場を紹介していただけました。(20代・女性・秋田県)
  • 勤務していたクリニックが閉院するに伴って医療ワーカーに登録して相談をさせていただきました。1個の科目に経験が偏っていたことと私が准看護師ということもあって希望に沿える求人がない状況でした。そこで、他科目のクリニックや病院の求人情報をいただいて色々と見させていただきました。長期に渡って対応していただいて担当の方には色々と迷惑を掛けましたが、自分にとって一番だと思える職場に巡り合うことができました。(40代・女性・愛媛県)
  • 当初は病院の常勤で勤務していましたが、結婚・出産を経て介護施設のパートとして勤務していました。収入の低下・医療処置技術の低下に不安を抱えており、医療ワーカーさんに転職を相談しました。担当者さんから、自宅近くのクリニックの常勤求人を紹介して頂き、収入面もアップでき、また注射・採血などの看護師として最低限の処置レベルも保てる環境で勤務できております!家庭環境も非常に考慮してくれる院長だったため、不安なく仕事ができています!自分で探しているとクリニックもたくさんあり、個人で情報を集めるのは大変だったので、その中から私にぴったりのクリニックをご紹介して頂けて非常に感謝しております!(30代・女性・大阪府)
ランキング5位:ナースフル
総合評価
選定のポイント
  • 転職の最大手リクルートグループが運営。
  • 好条件の求人を多く掲載。
  • 志望動機・職務経歴書の作成や年収交渉、退職のサポートなど、新しい職場に入るその日までキャリアアドバイザーがサポートしてくれる。
解説 新卒就職や転職でリクルートのサービスを利用したことがないという人のほうが珍しいでしょう。
「ナースフル」はそんな同社が提供する看護師転職支援サービスです。
特別な特徴はありませんが、認知度・信頼度で言えばナンバーワンでしょう。とりあえずここに登録しておけば間違いはありません。
登録費用 無料

公式ページ

「ナースフル」の利用者の声を集めてみました。

  • ナースフルで紹介してもらったのが、救急部門を本格的に立ち上げた今の病院。活気を感じました。面接はアドバイザーに同席してもらえたので、心強かったですね。今は発展の勢いに乗り、自分も成長している実感があります。内視鏡看護に携われるのも魅力。資格取得を視野に入れています。有給消化率は100%。家族と過ごす時間や趣味のマラソンに打ち込む時間が増え、QOLもアップしました。(30代・男性・東京都)
  • ナースフルには職場を紹介してもらっただけではなく、面接にも付き添っていただいたなど、細やかな対応をしてもらい助かりました。(30代・女性・栃木県)
  • 前の職場は通勤に困難なため、新しい職場を探すことに。実は初めての転職で、自分の希望する条件が現実的なのかどうかもわからず、不安でいっぱいでした。それでナースフルに相談。正直、厳しい条件ではあったのですがいくつか紹介していただき、将来的に夜勤も行うという条件で正社員としての採用が決定。託児所もあり、私としては最高の転職先でした。(20代・女性・埼玉県)

病院から企業へ転職する際の注意点4つ

転職時に注意したい4つのポイント

 

企業への転職を考える時、4つの注意点があります。

転職してから後悔しないように注意点を抑えて転職の準備を進めましょう。


①求人情報を見逃さない!諦めない!

転職先が見つからないと面接を受けることもできません。

企業での看護師募集はそれほど多くありませんし、その中で条件の良いところ、自分にあったところを探すのは大変です。

ハローワークやナースバンクに登録をするのはもちろんですが、求人サイトや看護師の転職サイトなどにも登録をして、情報を多く集めるようにします。

数ある求人サイトや転職サイトですが、例えば、日本最大級の求人数を揃えるマイナビ看護師などがあります。

人材紹介業を営む株式会社マイナビが運営している看護師専門の求人サイトです。転職を考える看護師さんが理想の職場に入職できるよう、キャリアアドバイザーがしっかりとサポートしてくれます。

これ以外にも、友人や知、母校に相談するのも良いご縁に出会えるかもしれませんので、あらゆる手を使って求人を探しましょう。

思うような求人が見つからなくても、諦めずに探し続けることが大切です。

②転職先は企業であることを意識する

病院への転職の場合は、看護師不足が根底にあるため、よほど自分勝手な理由やあまりにも非常識なことをしなければ採用されることが多いですが、企業の場合はそうはいきません。

企業の一社員として会社にどれだけ貢献してもらえるか、会社のイメージがマイナスにならないかということも採用には重要な要素となります。

この会社に入ってどんなことをしたいのか、病院ではなく企業に転職してまでやりたいことは何かなどを具体的にわかりやすく伝えるようにすることが大切です。

転職先の情報は集めると思いますが、病院への転職以上に丁寧に企業のことを調べましょう。

理念や業務内容がどれだけ自分に合っているかをアピールします。

③必要なスキルや資格を身につける

病院で看護師をしている時はそれほど必要ではないスキルも、企業で働くとなくてはならないものもあります。

企業では資料作りやプレゼンの機会もあり、PCスキルが必要になります。

ワードやエクセル、パワーポイントについては勉強しておくと良いですね。

医務室や電話相談、治験コーディネーターなどでは、コミュニケーションや傾聴、カウンセリングのスキルが欠かせませんし、フィールドナースでは英語力が必要な場合もあります。

どの企業で働くとしても、ビジネスマナーは必須です。

病院から一般企業へ転職をして一番戸惑うのは、看護師資格だけでは仕事にならないことも多いという点です。

転職してから困らないように、転職先に必要なスキルや資格は身につけるようにしましょう。

④即戦力であることをアピールする

採用する側としては、新卒ではない限り即戦力になる人材を求めています。

特に医務室や電話相談などは、すぐにひとりで対応してもらわなければいけないケースが多いため、今までの経験をどう活かせるか、どれだけの経験を積んできたかをしっかりと伝えることは大切です。

病院のように慣れるまで指導者がついてくれるという状況は、企業では期待できませんので、戦力なることアポールがポイントになるのです。

まとめ|産業看護師は狭き門であることを心得て転職活動を

産業看護師のゴール

看護師が一般企業で働くことは無理ではありませんが、狭き門であることは意識しておく必要があります。

冒頭でもお伝えしたように、希望通りの転職をするためには、以下の5つがポイントになります。

  1. 病院看護師との役割の違いを理解する
  2. 企業への転職のメリットとデメリットを理解する
  3. 求人情報を多く集める
  4. 働きたい業種や企業を絞る
  5. 必要なスキルを身につける

企業で働くことは今までの知識や経験を活かすことができます。

5つのポイントを意識しながら、新たな活躍の場を見つけましょう。

ABOUT ME
くるる
くるる
40代女性の元看護師です。 救急指定病院6年、有床クリニック6年、デイサービス3年、介護施設2年の経験があります。規模も役割も違う4つの職場で、医療や看護のことだけではなく、人としての在り方なども学んできました。 この経験が誰かのお役に立てたらとてもうれしく思います。